安藤 仲太郎

1861-1912

文久元年、江戸八重洲河岸生。高橋由一の甥。天絵舎に入り由一に師事。1889年パリ万国博覧会で佳作賞を受賞。同年東京府工芸品共進会に「夕干狩の景」を出品。93年シカゴ・コロンブス記念世界博覧会のため渡米。95年内国勧業博覧会で黒田清輝らとともに審査員に任命される。96年白馬会創立に参加し、1909年の第12回展まで出品。1911年朝鮮旅行中に李王家に肖像画を依託されるが、翌年制作中に歿。

安藤 仲太郎 「風景」 油彩・板 36*25p